人生は修行なのか?

こんにちは、きょうこです。

先日、ちょっと特殊な靴の修理を頼もうと、ネットで散々検索しましたが、それでも近くに見つからなくて地方に発送するしかないのか・・・とあきらめていたら、毎日歩いてる通りに修理屋さんを発見!!なんと簡単に修理を受けてくれましたW

灯台下暗し^^;

さて、タイトルの言葉ですが、人生は修行なのか?

先日、ある方と話していた時にその方が「人生は修行ですから」と言われて思わず「クスっ、笑」

と、途端にその方は激おこぷんぷん丸になられました・・・・。

(あ、しまった💦 やってしまった・・💦)と思いましたが、もう時すでに遅し・・・ 😈

バカにされたと思われたんでしょうね、ほんと申し訳ございませんでした。そんなつもりは全くないんです。

自分に向けて笑ったつもりだったんですけどね。昔から私自身が探究者、ほっとくと簡単に毎日修行になります。だからその方の発言を聞いたとき(あ、また同じ人種を引き寄せた・・^^;)と思っちゃったんですよ。だから苦笑いです、でも、その方はバカにされたと思ったんでしょうね。

そもそも修行の定義とはなんでしょうか?

検索してみましたらトップは

しゅぎょう
修行
《名・ス自》
  1. 1.
    悟りを求めて仏の教えを実践すること。
  2. 2.
    一切の欲望を断って心身を鍛練・浄化する宗教的行為。
  3. 3.
    技芸などを磨き練って自己をきたえること。

     「武者―」

おそらくこの方は、このすべてをやりたい派なんだろうなと思いました。

わたしも似ているからわかります。それこそ気が付くと修行ということをやってしまいがち。だからこそ最近は、意識しています。修行がだめとかでなはく今はそうしないときめているから。

ただ現実って自分が思った通りの結果をもたらすと思うのです。初めの意図が「厳しく辛くても頑張る先に成長があるんだ」と思うとその過程を通らないと成長できなくなるんじゃないかな~~と。楽しくやって成長する人もいるはずで、ちょっとそれも体験してみたいなと。

今年の大学駅伝の結果をご存知でしょうか?青山学院大学が連覇されましたね。「ドキドキ大作戦」とか「ワクワク大作戦」と銘打ったりされてます。

「何がわくわくなんだよ」って冷めた世代には鼻であしらわれるかもしれないけれど、監督のきちんとしたお考えがあっての言葉のはずですし、なんたって3連覇?でしょ?凄いですよね。ちゃんと結果を出されてます

 ”がんばってやらないと!” とか ”始めないといけない!結果を出さないと!” と思ってもできない。それ自体が苦しい事なら、その時は、”あれ?ちょっと方向が違うのかな?” ってたちどまってみる、というのはどうでしょうか。

潜在意識は自分がどうなりたいのかよく知ってます。

最近は、ハイアーセルフとか同じ意味だと言われたりもしていますよね。自分のきづかない意識?みたいなものですよね。ワウワウした方が波動が高いといわれてますから、やっぱりその方が現実もうまくいくのではないでしょうか?

あなたの量子の場を観察して調整すると、素晴らしい未来を創造していけますよ。心と魂と身体のバランスをとって、悔いのない人生にしましょうね♪