アイスクリーム

こんにちは、きょうこです。

ちょっとみなさん!

サーティワンアイスクリームが本日は、1個なんと100円だそうですよ!

最近のアイスは高いですからね~(こないだなんか680円もしたし・・・)

100円で喜んでるのは私だけでしょうか・・✌(‘ω’✌ )

近くのショップを調べてみたらば、混雑を恐れてか、買えなくても

数日間使える整理券を配るらしいです。

行ってみようかな~ 

昔は、だがし屋さんでお菓子を毎日買うのが楽しみでしたよね。

大したものは買わないのにめっちゃ吟味してました。^^

そして、家だと兄弟に食べられないように、こっそり食べたり、別の戸棚に隠したり・・。

みなさんは、してないです?お菓子は生存競争激しいですから、わたしは、工夫しておりました。

一般的にも兄弟順位が下の人は、お兄ちゃんやお姉ちゃんの方が、たくさんお菓子をもらって

”なんで私は少ないの?同じにすべきだ!不平等だ!”って

理不尽に思ったりしませんでしたか?

平等にくれるべきだ!っておもってませんでした?

でも、結論から言うと

それでいいんです。

だって小さいんだから。

”平等”とは同じものをあげることじゃなくって、

それぞれにふさわしい量をあげること。

高校生のお兄ちゃんと、小学生の弟が同じ量のお菓子だとおかしいでしょ?

身体の大きさが、そもそもが違うんだもの。

という事で、

どんなものも、そういう風に平等になっているのに、

それに気づかないこどもの頃は、自分だけが損をしているように感じちゃいます。

幼い頃にそうインプットしちゃうとそれが何度も何度も脳に反芻(はんすう)されてはいっていきます。

すると、あまりにそれがはいりすぎて、そういうふうに、損をしているような現実を投影しちゃうことあります。

だから、社会人になって、

なんだか自分がいつも損な仕事ばかりしているように感じる時は、

幼い頃にそう思ってなかったか、今一度、思い出してみましょう。

私も、毎年のお年玉の金額がどうしてすぐ上の兄弟と一緒でなくて、

ずい分離れた下の兄弟と一緒にされるのかがわからなくて、

と~~~っても不満でした。(だって年の差は、下の兄弟との方が離れてるんだもの・・・ )

周りの大人からしたら、1番年上の姪っ子以外は、みんな同じチビに見えたんでしょうね~。

今ではそうなんだねって、わかりますが、

結構ながい間、そのことを根に持ってました(笑)

で、

そういう体験がある人は大人になったら、子供たちがそんな悲しい気持ちにならないように

(ぼくみたいに悲しませたくない、もしくは揉めてほしくない・・・)って

やたらと気を使ったりする傾向にあります。

兄弟に買い与える時に、同じものを必ずそろえたりとか。

でも、そんなことする必要ありませんよ。

靴や洋服はその子にあったサイズを買うでしょう?

お兄ちゃんと同じ大きさの靴なんて買わないですよね?

それと同じです。

平等ってそういうことじゃないかな~。

という事で

アイスクリーム買いに行こっかな~!!🍧

(アイスは大人でも子供でも、同じ一個、ですね^^;)